プロフィール

スタッフ

大阪市阿倍野区生まれ ほかの土地に住んだことのない大阪の女(やさかいデス)
因みに父の故郷は愛媛県大洲市 母の故郷は奈良県新庄町です
地元の阿倍野高校を出て関西学院へ
初めての電車通学で乗り物酔いの連続
でも
法学部の学業よりも劇団エチュードへ出勤? 愉しき4年を終えOL生活へ 
転職経験もいろいろした後
広告代理店大有社長秘書として華やかにしてやりがいのある日々を過していた頃
料理人の父の初めての開業につきあい女将に
女優になるのが夢でした
幼稚園の先生になるのが夢でした
バスガイドになるのが夢でした
今はそれが全部実現
毎夜舞台のつもりで店を務めます

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

メイン | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月28日 (金)

老松町の四季


造幣局の通り抜けの桜の美しい季節。
4月中旬。老松町、春の古美術祭。
美しい器や、紙、布類が華やかに通りに並びます。
白魚と山菜のかき揚げ天ぷらをにごり酒でどうぞ。


ご存知日本三大祭り、天神祭
弊店のある、老松町は天神様の表参道にあたります。
7月24日、25日
血わき、肉おどる お祭りの陸渡禦が店前をとおります。
弊店もその日は開店記念日にて、四斗樽をだして、
皆様に「振るまいの酒」をお出しします。
淡路・沼島の梅肉をきかせたはもは、「はもちり」でいかが?



御堂筋の銀杏は紅葉も美しく色づき、ぎんなんも鈴なり、月の美しさをさらに引き立てます。
秋たけなわの老松町古美術祭はつるべ落としの秋のこの夕やみに由緒ある焼き物、古代の織り物などなどがうかんでいます。
各名店もこの日ばかりはお出入り自由です。
よこわ、蟹、松茸 この時期の秋鱧は最高のうまさ、土瓶蒸しに欠かせません。


寒気厳しき折は、燗酒の美味しいこと。
弊店も旨し貝類、魚類、野山の幸を集めまして、愉しき宴を演出します。
ふぐ、なまこ、たら白子、かき等
体も心も温まる、海山の幸の鍋物はいかが?

老松割烹・天ぷら あ・うん のサービス一覧

老松割烹・天ぷら あ・うん
  • TEL050-3463-9518